< 戻る
印刷

アプリの動作が遅い・重いと感じる

ミエセンをご利用の中で、「最近、動作が遅い・重い」と感じたら、ご確認ください。

1.利用環境を確認する

1.iOSの設定「最適化されたバッテリー充電」をオフにする

ミエセンで日頃から動作が遅くなりがちな場合は、端末のバッテリーの状況が起因している可能性が高いです。
iOS 13より導入された機能「最適化されたバッテリー充電」について、これがオンになっていると、端末の加熱が起きやすくそれに伴ってミエセンの動作が遅くなりやすいという報告を受けております。一定以下のバッテリーになると、途端に動作が遅延するとのことです。
そのため、ミエセンをよく使う端末、またはミエセン専用の端末で、[iOSの設定画面]>[バッテリー]>[バッテリーの状態]>[バッテリー充電の最適化]をオフすることをおすすめします。

2.アプリのバージョンを確認する

設定画面を開き、「アプリについて」のバージョン番号の下のメッセージを確認します。
「このバージョンは最新版です」もしくは「アップデートしてください」と表示されます。
アプリの更新(バージョンアップ)により、端末にかかる負荷が改善される場合があります。

3.iOSのバージョンを確認する

iOSのバージョンが最新でない場合、OSが理由で不具合が生じることがあります。
ミエセンはiOSの最新バージョン以外でも動作しますが、セキュリティ対策を含めできるだけiOSを最新にしていただくことをおすすめします。
iPhone、iPad、iPod のソフトウェアのバージョンを確認する – Apple サポート – Apple Support

4.iOS端末が使い古されていないか確認する

iOS端末は、1度購入すればOSのアップデートで何年間も使えることが特長です。ミエセンアプリもiOSのバージョンには準拠しておりますが、端末の指定はありません。それでも、購入から5年以上経過したモデルなどは、バッテリーの摩耗やタップ感度の低下など、物理的な劣化を考慮してご利用いただく必要があります。


2.ミエセン利用のコツ

1.端末が熱くなったら、ログアウトして冷めるまで待つ

長時間のログインに伴って移動が増え、背景地図の読み込みが増大すると処理増大、バッテリーへの負荷がかかります。
それにより端末が過度に熱くなると、冷ますためにiOSが自動で動作を遅くする制御を行います。
その場合は、ログアウトをして端末の熱が取れるまでお待ち下さい。

2.こまめなログアウト

バッテリー負荷を下げるため、移動中など閲覧しないタイミングでのログアウト状態をおすすめいたします。

3.車での移動中に地図を見る場合、「住宅地図以外の背景図」に切り替える

「地理院地図」→「地形図」の順におすすめです。

4.使用しないタイミングは、「現在地表示のOFF」を行う

5.操作しないタイミングは、「極力メニュー画面に戻る」(地図を表示しない)


3.端末側の使い方を見直す

1.ミエセン以外のアプリを落とす(強制終了する)

バックグラウンドで多くのアプリを起動していると、画面外の処理で負荷がかかり、ミエセンの処理に影響します。
ログイン中は、起動するアプリを減らしておくことをおすすめします。
iPhone や iPod touch で App を終了する方法 – Apple サポート – Apple Support

2.iOS端末を再起動する

iPhone/iPadの再起動を行うことで、メモリの解放を実行するとアプリの動作がスムーズになる場合があります。
iPhoneを強制的に再起動する – Apple サポート – Apple Support
iPad を再起動する – Apple サポート – Apple Support

3.屋外での長時間利用に注意

ミエセンは現場での活動に注力したアプリではありますが、日光の下ではバッテリーの温度が上がりやすく、それが動作に影響します。長時間、直射日光に当たるような利用シーンをできるだけ避けることをおすすめします。

#アプリが重い
#アプリが遅い

前の記事 ルート案内で使用する地図アプリを選択する
目次