ミエセン 4.0.0にアップデート

カテゴリ 最新情報

記事作成日 2018年8月19日 by ミエセン事務局

最終更新日 2018年9月2日

2018年8月19日、ミエセンを4.0.0にメジャーアップデートしました。ご契約中の方は無償でアップデートいただくことができます。

改善点・修正点

●紹介者機能の追加
多くのお客様からご要望を戴いていた紹介者機能が追加されました。ミエセンは、選挙区や後援会の可視化にこだわりを持って開発しており、これまで「紹介者」をただのテキストとして入れているお客様からも「紹介者の多い人の一覧を出したい」などの要望を戴くことがありました。今回のバージョンアップで、ミエセンに登録されている世帯情報同士を「紹介者」として紐付けることで、紹介者(紹介元)を登録できるようになりました。また、今後のバージョンアップで、紹介者ランキング機能などを実装することを予定しております。

●自由入力欄の属性名変更
これまで「自由入力欄」は、「自由入力欄1」〜「自由入力欄30」までの名称となっていましたが、この名称を任意の項目名に変更することができるようになりました。エクスポート時にも、任意の項目名で出力されます。

●住所検索機能の改善
住所から検索した場合で、当該住所が存在しない場合に、これまでは類似した住所にポイントが出ましたが、今後は当該住所が存在しないことを明示した上で、近隣住所に画面遷移するようになりました。併せて、ゼンリン住宅地図を利用しているお客様の住所検索精度を向上しました。

●フィルター条件のブックマーク保存
「地図」機能でよく使うフィルター条件を「ブックマーク」として保存できるようにしました。これにより、利用シーンによっていちいちフィルターを毎回設定することなく、よく使うフィルターを選択するだけで、使い勝手のよい地図にアクセスすることができるようになりました。

●フィルター条件の条件個数制限の解除
これまで、フィルター条件の条件個数制限は「5つ」までとなっていましたが、この条件個数制限を廃止しました。複雑なフィルター条件設定が可能になります。

●Taptic機能の追加
新たな世帯の追加時など、一部の動作について、iPhoneの触覚機能(Taptic)を追加しました。特に外出先などでの地図への世帯情報追加時などに、直感的な操作ができるようになりました。

●一覧機能の改善
「一覧」機能において、全件読み込み後にフィルターなどの操作をかけることができるようになっていましたが、最初からフィルターなどの条件をかけるようになることができました。これにより、操作性が向上しました。

●ソーシャルメディアアカウントの登録
世帯情報の項目にソーシャルメディアアカウント(Twitter/Facebook)が追加されました。iOSアプリからは「Twitter」「Facebook」の登録データをタップすると、そのタップされたアカウントにアクセスできます。

●一覧からエクスポートするCSVへのパスワード設定
一覧からエクスポートできるCSVファイルに、パスワードを設定することができるようになりました。
より安全に名簿ファイルを送信していただくことが出来るようになります。

●その他軽微な修正やバグフィックス
全体的な動作の改善や、バグフィックスを複数行いました。

Related Articles