Print
< 戻る

絞り込みを行う(フィルター)

目次

ミエセンでは、高性能なフィルター機能を使ってデータを効率的に絞り込むことが可能です。

フィルター機能の呼び出し

  • 地図画面>フィルター機能
    地図画面ツールバーの[フィルター]ボタンより、条件式の画面を呼び出します。
  • 一覧画面>フィルター機能
    一覧画面ツールバーの[フィルター]ボタンより、条件式の画面を呼び出します。

フィルター画面


フィルター機能を利用して、絞り込んだ状態で表示するには、式を設定し [実行]ボタンを押します。
フィルターをかけずに全件での表示を行う場合にはツールバー左下の [全件表示]ボタンを押します。

ボタンの説明

ボタン名 機能
全件表示 フィルターをかけずに全件を読み込みます。
グループ追加 条件式のグループを追加します。
フィルターセット 条件式の保存機能です。

条件式の説明

OR(または、もしくは)、AND(および)の切り替えは、それぞれのボタンをタップします。

式の種類 機能
グループ 数式でいう「()」の外側の式です。ツールバーの[グループ追加]ボタンから追加します。
条件 数式でいう「()」の内側の式です。式の右下の[]ボタンから追加します。
※端末への負荷を考慮し、「3万件」を超えるデータは、3万件までしか表示されません。
 表示は3万件までですが、「名簿チェック」機能や、「一覧をメール送信」機能は全件が対象になります。

フィルターが正しく動作しないとき

  • 条件式の「結合子(OR/AND)」を確認します。デフォルトでは[OR]になっています。
  • 条件「に等しい」「を含む」を確認します。デフォルトでは[に等しい]になっています。
前の記事 地図の表示範囲を保存(地図のブックマーク)
次の記事 連続登録ボタン [世帯情報]