Print
< 戻る

名簿チェック機能 [世帯情報]

目次

ミエセンでは、名簿の精度向上に役立つ複数のチェック機能を用意しています。

「名簿チェック」機能を呼び出す

1.一覧画面を呼び出す

メニュー画面>一覧を選択します。
「表示データの選択」で[世帯情報]をタップします。
次のフィルター画面で画面左下[全件表示]をタップし、全件を読み込みます。
関連: 一覧画面の呼び出し
関連: 絞り込みを行う(フィルター)
  

※名簿チェック機能を利用するには、一覧画面で「全件表示」を行う必要があります。
端末への負荷を考慮し、「3万件」を超えるデータは、3万件までしか表示されません。
表示されるのは3万件ですが、「名簿チェック」機能や、「一覧をメール送信」機能は全件を対象に処理します。

2.画面左下[アクション]ボタンをタップし、表示された[名簿チェック]メニューを選択する

 

3.「名簿チェック」のポップアップビューで、チェック内容を選択し、処理を[実行]する

データ数により、処理時間は変動します。処理が完了数と「結果」画面が表示されます。
通常の一覧表示に戻るには、画面左下[アクション]ボタンをタップし、[名簿チェックの終了]メニューをタップします。

「名簿チェック」機能の説明

チェック内容 アプリ画面 説明
整合性チェック 選択した条件に合致するデータを抽出します。
郵送物を送る前に、入力漏れがないかの確認にご活用下さい。

  • 郵便番号
    郵便番号が空欄またはハイフンを除いて7桁未満のデータを抽出
  • 住所1
    住所1に数字が含まれていないデータを抽出
  • 電話番号
    電話番号がハイフンを除いて10桁未満のデータを抽出
重複チェック 指定した属性による重複データを抽出します。
様々なパターンでチェックすることで名簿の精度が上がります。

  • 住所1
  • 住所2
  • 電話番号
  • 携帯番号
  • 生年月日
世帯IDチェック 「本来、同一世帯ではない(別の世帯IDを振る必要がある)」可能性のあるデータを抽出します。
世帯IDを発番し直す操作は、属性画面で「空欄」にしてからリストへ戻り、再度「属性画面」を開いて下さい。
関連: 2021年春のアップデート!6つの機能改善!

  • 世帯IDが同一、姓と住所1が異なる
    お名前と住所が異なるのに、同一世帯IDにより1世帯として登録されているデータです。システム上の不具合(2021年4月現在解決済み)による誤発番の可能性がございます。
  • 世帯IDが同一、姓が異なる
    住所1を参照せず、世帯IDと姓の組み合わせをチェックします。
  • 世帯IDが同一、住所1が異なる
    姓を参照せず、世帯IDと住所1の組み合わせをチェックします。

「名簿チェック」を終了する

画面左下[アクション]ボタンをタップし、[名簿チェックの終了]メニューをタップします。

前の記事 一括更新機能 [世帯情報・ポスター]
次の記事 CSVエクスポート(一覧をメールで送信)