Print
< 戻る

ポスターヒートマップ [ポスター]

目次

ポスターヒートマップで、ポスターレイヤの登録地点を対象としたヒートマップを作成します。

ポスターヒートマップの起動

メニュー画面>分析>ポスターヒートマップをタップします。
 

[オプション]ボタン

デフォルトでは、「半径: 40」「強度: 1」で設定されています。

色の選択

関連: アプリカラーの変更
[アプリカラー]アプリの設定画面で選択した色を元にヒートマップのグラデーションを自動で設定します
[標準カラー]ヒートマップでよく使われる、「赤〜黄〜緑」の配色でグラデーションを設定します
 

[半径]の調節

値が大きいほど、ヒートマップの影響範囲が、広くなります。
(値が大きいほど、より広い領域でデータが平滑化されます。)
   

[強度]の調節

値が大きいほど、均一(同色)と扱う密度が狭くなります。
  

[フィルター]ボタン

関連: 絞り込みを行う(フィルター)
フィルターを使って、ヒートマップに表示するデータを絞り込みます。

ポスターヒートマップで何が分かる?

例えば、「掲出地域の偏り」や「道路や鉄道に対してのカバー率」などが挙げられるのではないでしょうか。
地図アプリの特性を活かした本機能をぜひ、ご活用下さい。

ミエセン開発秘話

ミエセン開発元年の2016年から長く構想を温めていた機能です。
ミエセンの基盤はArcGISですが、今回はGoogle Mapsを用いたことで、より快適なヒートマップ表示を実現することができました。
前の記事 名簿分析▷集計表の表示 [世帯情報・ポスター]
次の記事 絞り込みを行う(フィルター)